スキンケアファンデーション UV

秋も深まってまいりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

昨日からESPRIQUE(エスプリーク)の新しいCM「ピュアなツヤ肌」篇が放送になりました。
今回はスキンケアファンデーションUVのコマーシャルです。
スキンケアファンデーションUVは、美容液成分85%配合の極薄ベールのリキッドファンデーションです。
肌荒れ・乾燥を防ぎ、ツヤめくピュア肌が一日中続きます。
伸びがよくしっとりしたお肌を実感してみてください。

私がプライベートでベースメイクをするときはこの3点を使います。

1

CCクリームのナチュラルとスキンケアファンデーションのオークル405、フェイスパウダー01です。
軽くメイクのときはCCクリームだけ、きちんとしたいときはCC、スキンケアファンデーション、フェイスパウダー全て使います。
全部やっても軽くてうるおうのでオススメです。

2

3

公式サイトのメイクスタイルも新しくなりました。

MODERN ELEGANTと

4

MYSTERIOUS GLAMAORです。

5

ONE BY KOSEのヴィジュアルも新しくなりました。

6

朝・夜の洗顔後、最初にお使いいただくとお肌がとても潤います。
こちらもよろしくお願いします。

アサヒスーパードライ ジャパンスペシャル

昨日、アサヒスーパードライ ジャパンスペシャルのCM撮影で松雪泰子さん、柴咲コウさんとご一緒しました!!
憧れの偉大な先輩お二人との撮影ということで、撮影前日の夜はなかなか眠れず遠足前夜のような興奮でした。

昨日は丸一日ご一緒できたのですが、松雪さん、柴咲さんお二人とも本当に美しく、上品で、圧倒的なオーラで見惚れてしまいました!
撮影のお芝居も先輩お二人に引っ張っていただき終始楽しく終わりました。
撮影の合間もお二人とたくさんお話しさせていただいて、とてもとても嬉しかったです!

松雪さん、柴咲さんに憧れてスターダストに入ったのでお二人との共演は夢のようです。
松雪さんや柴咲さんのように美しい女優になりたいと、改めて思いました。

思い切って一緒にお写真を撮っていただけませんかとお伺いしたら、松雪さんが自撮りをしてくださった!感動…。

1

自分だけの一生の宝物にしようとお願いしたお写真でしたが…ブログに載せても良いよと言っていただきましたので、載せます!

2

3

一枚の写真に収まる日がくるなんて。
浮かれてしまった1日でした。

松雪泰子さん、柴咲コウさん、ありがとうございました!!

お中元でも大盛況だったアサヒスーパードライ ジャパンスペシャル。
お歳暮でもどうぞよろしくお願いします。
コマーシャルの完成も楽しみにしていてくださいね!

鹿児島日記【鹿屋篇】

鹿児島日記三日目、最終日です。
西郷どんの勉強は二日目で終わっていましたので、最終日はフリーでした。
せっかくなので帰りの飛行機の便を夕方にして、朝から鹿屋まで足を延ばしてみました。

鹿屋までは市内からフェリーを使って行きました。
一番のお目当ては鹿屋基地だったのですが、まずは荒平天神へ行きました。

1

2

3

正式名称は菅原神社ですが荒平天神という呼び名の方が浸透しているようです。
海に突き出た岬の小高い岩上に建立されていて、菅原道真を祀る学問の神様として親しまれているとのことで
この日は雨だったのですが頑張って登ってきました。
晴れていたらインスタ映えする神社として人気だそうですが、雨のおかげで独占状態でした。
まるで神社が海に浮かんでいるかのようで美しかったです。

荒平天神をあとにし、向かったのは海上自衛隊鹿屋航空基地です。
ここは鹿児島に行くことが決まってからずっと熱望していた場所で、来られて感激でした。
まず素晴らしいのが、屋外展示されている二式大型飛行艇。

4

これは最初の特攻機(銀河24機)を片道2900キロのウルシー座礁まで誘導した名機で、世界に現存する唯一の二式大艇です。
雨で良い写真が撮れず残念ですが、しかと目に焼き付けました。
他にも海上自衛隊で活躍したUS-1、P-2J、P2V-7、R4D-6、S2F-1、SNB、SNJ、B-65、KM-2、メンター、V-107、HSS-2A、OH-6、BELL-47
が展示されており、日本最大の海上自衛隊の歴史を見られます。

そしていよいよ資料館の中へ。
一階は現在の海上自衛隊航空部隊の活躍を主に展示されており、
二階は海軍航空の歴史、第二次世界大戦で特攻作戦で突撃を敢行した特攻隊員の方々の写真、遺品、遺書などが数多く展示されています。

資料館の一階のショーケースには艦船「矢矧」や

5

艦船「大和」が。

6

そして二階には三菱零式艦上戦闘機「零戦」が展示されていました。

7

8

9

10

11

これは垂水沖と吹上浜の海底から引き上げられた二機の零戦を、三菱重工業の技術支援で鹿屋航空基地工作所の隊員の方々が修復され
ともに補う形で二機を一機にした零戦52機です。
操縦席も見ることができました。

12

エンジンもあります。

13

以前、「真夏のオリオン」という映画に出演した際、実際に戦争に行かれた方にインタビューをさせていただく機会があり
そのときから鹿屋の基地には強い関心がありました。
小野田寛郎さんの本や、百田尚樹さんの「永遠の0」を読み余計に鹿屋にいってみたいと思っていたところでしたので
今回の機会はとても嬉しかったです。
永遠の0の主人公の宮部久蔵さんのモデルでもあったとされる方も2階に写真や遺品が展示されていました。
特攻の方々が出撃された日付順に写真が展示されており、終戦の日でその展示も終わるのですが、なんとも言えない気持ちになりました。
私は戦争を知らない世代ですから、見学できて本当に良かったと思います。
そしてもう一度、鹿屋を訪れた上で永遠の0を読み返そうと思います。

14

「魂のさけび」を買って鹿屋基地を後にしました。
ここはまた、晴れた日にもう一度訪れたいと思います。

鹿屋基地のあとは放心状態になりつつも、とんかつ「竹亭」にてとんかつをいただきました。

15

16

17

さくさくした衣とジューシーなお肉。キャベツてんこもり。これが本店の味か!!と感動し完食しました。

ランチ後は鹿児島神宮、

18

霧島神宮へ足を運び、樹齢800年の御神木に触れて帰りました。

19

20

最後は117年前からあるという、嘉例川駅をみて空港へ向かいました。

21

22

にゃん太郎は勤務時間外でした。(笑)

空港では言うまでもない、明石屋さんのかるかんを大量に購入し大満足で帰りました。
最終日は西郷どんとは少し離れた旅になりましたが、鹿児島をより知ることができ
以前から行きたかった場所へも訪れることができ、充実した一日でした。

あとは私が薩摩弁をマスターすれば良いのです。薩摩弁を。頑張りとうございもす。

鹿児島日記【鹿児島市内篇】

こんにちは。日毎に秋も深まってまいりましたね。
鹿児島から帰ってきた私は、薩摩弁など大河のための数々のお稽古に励んでおります。
稽古初日は一度にいろいろなことを学びましたが、あまりの自分の出来なさ加減に心身とも打ちのめされて帰りました。
挫折を味わい帰宅し半泣きで復習する、また次の稽古で打ちのめされる、そんな繰り返しです。これも全て篤姫が通った道、ということで会得できるまで頑張ります!

さて、鹿児島日記二日目です。
二日目はまるまる一日、鹿児島市内を回りました。
まずはじめに仙巌園にいきました。

1_

2_

3_

4_

5_

6_

仙巌園(別名・磯庭園)は島津家の別邸跡で、素晴らしい庭園などが残っており、世界文化遺産にも登録されています。まさに日本の名勝でした。

7_

美しい庭園で桜島をバックに撮影。

8_

曲水の庭も風流でした。

そして、お待ちかねのさつま揚げ!

9_

10_

11_

仙巌園の中のお店でいただけるとはなんと贅沢なんでしょう。

12_

シソが美味しかったです。

13_

両棒餅も!
みたらしとお味噌と二種類いただきました。どちらも美味しかったです。

14_

あまりの美味しさに髪を振り乱していますね。

たくさん美味しいものをいただいて仙巌園をあとにし、お次は篤姫も行ったと言われる五社参りをしました。
南方神社→八坂神社→稲荷神社→春日神社→若宮神社の順でお参りし、八坂、若宮では御朱印もいただきました。
篤姫も同じ場所をお参りしたかと思うとなんとも不思議な感覚がありました。

五社参りの次は南洲墓地へ。

15_

西郷隆盛のお墓があります。
作品にお力添えをいただけるよう参りしてきました。
お隣の南洲神社で参拝をして、お次はランチ。

山形屋でお昼です。
山形屋食堂の焼きそばは鹿児島県民のソウルフードだと聞き、興味津々。
焼きそばと聞くと、つい私は関西のソース焼きそばを想像してしまいますが

16_

山形屋の焼きそばは「三杯酢」をかけていただく、固い麺の焼きそばでした!野菜がたくさん乗っていてすごいボリュームに見えますが意外と量を食べられます。
はじめは何もかけずに、途中からは三杯酢をどんどんとかけて食べました。とても美味しかったです。

17_

桜島を眺められる席でソウルフードをいただくなんて、素晴らしい。
ここでいただいた幕末薩摩の御城下概観図のハンカチと、西郷どんグッズ。

18_

19_

可愛いすぎます。

昼食後は鹿児島県歴史資料センター「黎明館」にて天璋院篤姫の像を見て、

20_

資料センター内にて島津斉彬、西郷隆盛、大久保利通の資料をメインに見学しました。
西郷の軍服や大久保利通の洗面用具などが残っていて、西郷も大久保も本当に存在した人達なのだなぁと当たり前のことなのですがより実感できました。

続いて鶴丸城跡にて西南戦争の際に残った銃痕を見学し、西郷隆盛の像、小松帯刀の像を見て

21_

斉彬公を祀った照国神社に参拝し、

22_

探勝園にて島津斉彬公像、島津久光公像、島津忠義公像を見て(鹿児島は偉人の像がたくさん!)

23_

二日目の西郷どんツアーを終えました。

二日目の感想は、鹿児島は美味しいものだらけということ。なんでも美味しい。
鹿児島市は古くからのものがたくさん残されていて街のあちこちに歴史を垣間見ることができる。普通に街を歩いていて突然西南戦争時代の城壁や島津家別邸跡がでてくる。歴史と共存している風情のある街。
鹿児島はとても楽しいところでした。

私の薩摩弁は激しくまずい状況なのですが、鹿児島ロケはとても楽しみにしています。

鹿児島日記【指宿・知覧篇】

鹿児島日記、一日目です。この日は指宿市と、知覧へ行きました。

念願叶っての鹿児島の旅。たくさん学び、たくさんその土地のものを食べて帰ろう!と決めておりました。
ということで空港からまずはざぼんラーメンへ直行。

1

2

ざぼんラーメンと餃子もいただきます。
とんこつ風味のラーメンにお漬物が食べ放題。
桜島大根のさっぱりしたお漬物にお醤油をたらしていただくのがなんともおいしかったです。

ランチの後は、指宿市にある今和泉島津家の別邸跡へいきました。
別邸は今小学校に変わっていますが、石垣が残っています。

3

篤姫が登った・・・かもしれない階段。

4

幼少の篤姫・於一像。
いろいろな角度から記念撮影しました。

5

6

7

次に向かったのは今和泉島津家墓地。
今和泉家初代の忠郷から代々の当主、その家族が埋葬されています。
篤姫の父である忠剛や兄忠冬のお墓も。しっかりお参りしてきました。

8

9

10

篤姫自身のお墓は上野にあるけど一般公開されていないとのことでした。見てみたいなあ。

途中で豊玉姫神社へ参拝してから、次に向かった場所はこちら!

11

12

13

島津家の領地だった場所です。
大河ドラマ「篤姫」のロケ地でもあります。
池田湖と開聞岳をのぞみ記念撮影。
澄んだ湖も棚田も全てが美しいところでした。今回もここでロケができたらいいな…と思いを馳せてきました。

そして!!知覧へも行ってきました。
こちらは今回の作品のためではなく、個人的にお願いして寄っていただきました。

14

知覧特攻平和会館。
鹿児島にきてここを外すわけにいきませんよね。
油脂庫や給水塔、防火水槽など当時のものがそのまま残っていたのでまずはそちらを見て…

15

16

(油脂庫の空襲の傷跡の生々しさに衝撃を受け写真を撮り忘れてしまいました。悔やまれます。)

会館の中へ。
特別攻撃にいかれた方々の遺書がたくさん展示されています。
一通一通、読んでいきました。
みなさん達筆で、年齢よりも随分大人びて品位や威厳の感じられる手紙ばかりでした。
覚悟の言葉の行間に、残される人たちを悲しませない思いやりが伝わってきます。

会館の外には、一式戦闘機「隼」の模型。

17

有名な「特攻勇士の像」。とこしえに、ですね。

18

特攻平和観音堂に参り、

19

会館の資料を見た後の気持ちでもう一度、給水塔や防火水槽をぐるりと見てから知覧を後にしました。
ずっと訪れたかった知覧特攻平和会館。
はじめは「西郷どん」には直接関係がないと思っていましたが、東川先生が「西郷の時代の武士道、大和魂が後の時代にまで脈々と受け継がれている。つながりを感じずにいられない。」とおっしゃったのを聞いて更に行けてよかったと思いました。
たくさんの方々の犠牲の上に現在の我々の生活が成り立っているということ。
知ってはいるのに毎日ここまでは感じられない。
日本は平和ぼけしているとも言われますが、そういう今だからこそ知覧に行けてよかったと感じます。

知覧のあとは鹿児島市内にある鹿児島県立図書館へ向かいました。
時代考証の原口泉先生にお話を伺うためです。
図書館のスタッフの方ともお話をしました。

20

先生の著書をいただき、篤姫にまつわる貴重なお話を伺って、先生方の大きな期待に若干のプレッシャーを感じながら(笑)かるかんをいただきました。

21

明石家さんのかるかん。
人生で初めてかるかんを食べたので、その美味しさにびっくり!
もちもちした食感と素朴な甘みは自然薯でできているからだそう。いちばん好きなお菓子になりました。
空港でもしっかり買い込んで、おやつにかるかん2つが現在の私の日課であります。

夜は先生方とお食事をしながら篤姫のお勉強をさせていただいて、この日は終わりました。
たくさん学んで、濃い一日でした。
丸一日篤姫や鹿児島について触れたことで、篤姫について少しずつわかってきました。
輪郭がはっきりしてきたといいますか。来られて良かったです。

長くなってしまいましたね。
次回は2日目、鹿児島市内篇です。お楽しみに。

帰京

ただいま東京に帰りもした!
鹿児島にいってきました。
西郷隆盛や、今和泉島津家、篤姫ゆかりの場所を歴史の先生方と巡り勉強してきました。

1

鹿児島、わっぜぇよかとこでした!
(薩摩弁、絶賛勉強中です。)

雨降りの日もありましたが、行きたいと思っていた場所全てに回ることができ充実した旅になりました。
実は斉彬様が祀られている照国神社と黎明館の天璋院の像に伺った際、サーっと小雨が降った瞬間があったので「生憎だなぁ」と思ったのですが、そこで先生から良いことを教えていただきました。
鹿児島では「島津雨」といって島津家・初代当主の忠久様がお生まれになったときに雨が降っていたことから、雨は吉兆の証、縁起が良いとされているそうです。
斉彬様、篤姫様の所縁の地で霧雨が降り、島津雨のお話を聞けたのですから、歓迎していただけているに違いないと嬉しくなりました。

この度は知りたいことをひとつひとつ先生方にお伺いしながら指宿市、鹿児島市内とじっくり回れたのでとても良い経験になりました。
今回の作品とは深く交わらないかもしれませんが、鹿屋市へも足を延ばしました。
行く先々で鹿児島の方々に出迎えていただき、嬉しかったです。
鹿児島の皆さんはとても優しくて温かい。
鹿児島の方々の「西郷どん」愛を存分に感じられました。撮影に先立ってこのような機会を与えていただき、とても有り難かったです。
鹿児島でお世話になった皆様、時代考証の原口泉先生、東川隆太郎先生ご夫妻、下豊留佳奈先生、あいがとさげもした。
持ち帰った写真やメモをまとめて、後日改めて鹿児島日記として更新していこうと思っています。お楽しみに。

今日はその前に、更新しなかった間の誕生日写真を載せておきます。

2

こちらは雑誌の撮影にて。
とても美味しいケーキでした。
「探偵はBARにいる3」のプロモーションが始まっていて、今月はファッション誌の撮影もいくつかやりました。
最近は大河のために眉毛と髪の毛が黒いです。
いつも髪に合わせて染めていた眉毛を地毛になるまで3ヶ月かけて生え変わらせました。とても新鮮。
しかしファッションの仕事だと黒黒、ふさふさ生えすぎだね、ということでこの日は眉マスカラでうっすら茶色くしました。

3

里香と。
この日は里香とヘアメイク青山さんとカメラマン中村さんにお祝いしていただきました。

4

5

恒例の5人。
みんなと年をとるのも14度目くらいでしょうか。
今回もいろいろな話をしましたが、保険の見直しについて真剣に話したのは初めてでした。主に力説していたのは私ですが。こんなにいろいろな話ができる仲間は他にはいないので改めてみんなの存在に感謝です。
お腹が痛くなるほど笑えるのもみんなのおかげ。いつもありがとう!

31

こんにちは。
ほんとにあった怖い話、ご覧いただきありがとうございました。
気づけば8月も終わり秋風が心地よい季節になりましたね。皆様いかがお過ごしですか。

私は例の踊る作品を先月クランクアップし、広告の撮影などやらせていただきつつ
その間でお墓参りのために帰省したり公私ともによく活動した夏でした。
気づけば31歳にもなりました。
昨年の30の節目の誕生日と比べるとさらりと訪れ、歳をとりました。
22日に起きたら家族や友人、事務所のマネージャーたちや、先輩、後輩たちからメッセージが届いていて
そうだ今日誕生日だ、みんな温かいなぁ、ありがたいなぁとしみじみしました。
ファンの皆様からもたくさんのメッセージやお手紙、本当にありがとうございました。

1

この方も祝ってくれました。
槍ヶ岳登ったばかりで会えて嬉しかったです。
ケーキは箱から出すときにちょっと崩れてしまった!しかしとても美味しくいただきました。

毎年恒例の抱負ですが、31歳の抱負は迷わず「健康第一」にしたいと思います。
30歳は心身ともに疲れやすく、何だか一年通してずっと体調が優れずすっきりしなかったので、気持ちに体がついていかないような印象でした。
もっと頑張りたいのに歯がゆいなぁという感じで。
30代に入り体も変わる年齢だったと思いますし、人生いろいろな時期があると思うので
自分の年齢や体の変化と向き合い31歳はまた完全燃焼できる歳にしたいなと。
大河の撮影を控えていますし、仕事と私生活と、しっかり両立してパワフルにやれるよう頑張ります。

さて今日は皆様にお知らせです。
MINTIAの新しいCM「タクシー」篇が放送になりました。
「人は、頑張りたい生きものだから」というキャッチコピー通り、大きな荷物をもって外回りを頑張る女性を演じました。
うまくいくことばかりではないけれど、どんなときも前を向いて頑張っている人を応援したい、そんなミンティアのメッセージが込められたCMです。公式HPにメイキングムービーもありますので、ぜひチェックしてみてください。

そしてESPRIQUE(エスプリーク)の新CM「この肌絶妙」篇もオンエアされています。

2

3

今回はピュアスキンパクト UVのCMです。
ふわっとしてすべすべな軽い肌、毛穴を見せないピュア肌が一日中続きます。
まるで素肌のような心地よさ、体験してみてください。

4

5

公式HPのメイクスタイルも新しくなっています。
MELTY GLAM(メルティグラム)と

6

ROMANTIC GLAM(ロマンティックグラム)です。

7

この秋のメイクの参考にしていただけたら嬉しいです。

ほんとにあった怖い話

1

こんにちは。
今日発表になりました。
フジテレビ系オムニバスドラマ『ほんとにあった怖い話-夏の特別編2017-』(8月19日21:00~23:10)の一編、「コール」に主演致します。

「HERO」や「探偵の探偵」でお世話になった森脇監督から声をかけていただき、出演に至りました。
森脇組は相変わらず明るく楽しく、スタッフの方々もフジテレビで過去にお世話になった方ばかり。皆さん私が若い頃から知ってくださっているから「景子ちゃん」と呼んでくださいます。
ホラー初挑戦、ほん怖初挑戦だったのですが、
よく知っている場所に帰ってこられてものすごく楽でしたし、毎日とても楽しかったです。

今回私が演じたのは看護師の深川京香という女性です。
彼女が勤める病院の417号室に入院していた患者が、深夜に何度もナースコールを鳴らし苦しみながら亡くなり、その日から、誰も入院していない417号室のナースコールが毎晩、繰り返し鳴るようになる…というストーリーです。

タイトル通りほんとにあった話だとプロデューサーの方に聞いて背筋が凍りましたが、この暑い夏に涼しくなりたい方にもってこいの作品です。
楽しみにしていてくださいね。

Oggi

こんにちは。
とうとう『君の膵臓をたべたい』公開になりました。昨日の舞台挨拶ではたくさんのお客様に足をお運びいただき、ありがとうございました。
主演の2人はものすごい数のプロモーションを行なったと聞きました。2人の想いが全国の皆様に届きますように!
ぜひ劇場でご覧ください。

撮影中の写真です。

1

2

そして、ただいま発売中のOggiに掲載されております。
『君の膵臓を食べたい』についてのお話と、私の好きな本の話、映画の話、そして私の最近の心境、人生の展望など深いところまで丁寧に取材していただき、嬉しかったです。
働く女性、同世代の女性に、ぜひ読んでいただきたいインタビューになりました。
どうぞよろしくお願いします。

さて、今日も早起きして撮影です!
健康第一で頑張りたいと思います。

近況

こんばんは。
今月は例のダンスを練習していた作品にクランクインし、あちこち出張して撮影しています。暑さに打ち勝つためにたくさん食べて頑張っています。
慣れないダンスで全身筋肉痛ですが、無事に踊りの一番大切なシーンは撮り終えました。
勘の良くない私に根気強く教えてくださったダンスの先生方には本当に感謝です。
そしてどうか踊りの部分が編集で切られませんように。(笑)

1

昨日は東京にいられて少し早めのこまっちゃんのお誕生会でした。
最近鍛えているこまっちゃんは体は引き締まり、顔もスッキリしてハリがあって、また若返った印象でした。
みんな影響されて「私も21時以降はなるべく食べないように頑張ろう」、「私も夜の炭水化物は控えよう」、などと口々に宣言をしたのですが、話す内容がどんどん健康や若さの維持の話になってきていて…全員大人になったなぁと。(笑)
話が止まらないので、あっという間に終電の時間になり解散しました。
やはりこの5人は楽だし、楽しすぎて帰った後が反動で寂しかったです。
帰り道からすぐグループLINEが始まるという。面白いですよね。
こまっちゃんが誕生日ということは来月は私!
もう31歳です。
三十路はあっという間でした。
みんな本当に10代の頃と変わらないので、もはや里香も含め全員アラサーとは信じられません。
31歳の抱負、考えておこうと思います。

2

いつも最後になってしまうので、今回は早めにdiary載せてみました!!

3

私の自慢のカメラRX100 Ⅳで若ぶって自撮りも挑戦。
液晶モニターが180度回転するので、自分でアングルを確認しながら撮れますのでオススメです。

そしてまた荷造り。
今月はお仕事の都合で東京と地方をあと数回往復します。
今月は荷造りと荷解きと洗濯の繰り返しでとても慌ただしいですが、嬉しい悲鳴でもあります。

4

これは出張前のお決まりの光景です。
荷造りを阻止しようとしているのか、トランクに入り一緒に旅立とうとしているのか。
断固としてどかない男であった。