ALPHARD Film Awards

こんばんは。

本日『TOYOTOWN Presents ALPHARD Film Awards』に出席しました。
本木雅弘さん、マツコ・デラックスさんとご一緒させていただき楽しいイベントになりました。

本日の衣裳はこんな感じです。

TOYOTA『ALPHARD』

こんにちは。
年が改まり、寒さの中にも清々しさを感じられる日々ですが、皆様いかがおすごしでしょうか。
私は映画『HERO』の撮影と広告の撮影などで毎日充実しておりました。

もうみんながブログに書いてくれているので今更ですが、セーラー戦士で新年会もしました。
みゅうのお誕生会兼忘年会もしたし、年越しも沢井さんとしたし、会いすぎてる気がしますが。(笑)

安定の5人。

出会って11年。他愛もない笑い話も、人に言えないような真剣な話も、5人で色んなことを話してきました。
私たち、もうずっと一緒なんだと思います。
誰かが結婚しても、子供が生まれても、ずっと一緒。
私たちも全員アラサーなので、最近では「そのうち誰かがここに子どもとか連れてくるようになるかもね!」とか
「そうなるといつも5人だったのに新鮮だね」とか「育児だって、困ったら助け合おうね」とか話しました。
些か気が早いような話ですが、もうそういう年齢なんですよね…。
若いころから知り合っている5人なので、女優やモデルが5人集まっているというよりは、幼馴染や地元の親友が5人集まっているような感じで
皆が居てくれて本当に良かったなぁと改めて思いました。
落ち込んで家から出たくないような日も、連れ出してくれたのはいつも皆だったし、皆が居ない人生は考えられません。
新年会の翌日に「もう皆と会いたいよ~」と沢井さんが言い出してくれたので、今月もう一度集まることになっています。
とても楽しみです。今年もよろしくね。

今日は皆様にお知らせがあります。
この度、トヨタ自動車の「ALPHARD(アルファード)」のイメージキャラクターを本木雅弘さんと一緒に務めさせて頂くこととなりました。
TOYOTAのアルファードは長年、毎日仕事で愛用している車だったので、初めてお話を頂いた時はとても驚きました。
プライベートで乗っているプリウスと並んで愛着のある車だったので、本当に嬉しいです。

新型のアルファードが発売されるにあたり、「高級車をヒーローに」というキャッチコピーで今回の広告を撮影させて頂きました。
今回のアルファードは従来にはない新しい高級車の概念を創造することを目指しており、
車内の空間の高級感、ラグジュアリー感がさらに増しています。
走っていても部屋のソファに寛いでいるかのような優れた乗り心地、高級車に相応しいゆったりとしたシートと広々とした空間、
後席までスライド可能な助手席のスライドシート、ルーフ全体をカラーLEDが彩る16色のルーフカラーイルミネーションなど、
操縦安定性はもちろん、多才な装備、機能すべてがワンランク上の高級車を実現しました。
今のアルファードも愛着があるので大好きなのですが、広告の撮影で新型アルファードに乗ってしまうと、やっぱり新型が欲しくなっています。
床が低くなっているので女性でも乗り降りがしやすいですし、乗り降りの時に体を支えられるグリップもとてもいい感じでした。
なによりルーフカラーイルミネーションが女性は嬉しいのではないかなと思います。
ぜひ皆様にも実感して頂きたいです。

そんな今回の「高級車をヒーローに」の広告撮影は、ドバイで行われました。
先月海外に行っていたのは実はこの広告のためでした。
今回は「DAY篇」と「NIGHT篇」の2本を撮影したので、撮影はハードでしたが、朝のドバイと夜のドバイをどちらも堪能することができました。
ドバイは初めてだったので、見るものすべてが新鮮でした。

高層ビルがとってもたくさん立ち並んでいて

ホテルも何だか煌びやか。


競馬場発見。(って、あんまり写ってない。)

競馬よくわからないけど、じゃん!

そして、これが新型アルファード!

顔が変わったのがわかりますか??
さらにかっこよくなりました。

車内でスチールの撮影をさせて頂きました。
シートのレザーが美しいんです。


DAY篇は働いているシーンが多く、衣装はスーツでした。

NIGHT篇はレストランのシーンがあり、ドレスアップしました。

世界一高いビル(ブルジュ・ハリファ)と一緒に。逆光ですね。
しかも高すぎて全部映らない。


3日間の撮影でずっとご一緒した本木さんはとても気さくで、そしてジェントルな方で親切にしていただきました。
どんな時もレディファーストで素敵な方です。
本木さんが英語でスタッフの方とコミュニケーションをとっていらっしゃるお姿を見て、私ももう一度英語が勉強したくなりました。

今回のCMは今日からオンエアです。
TOYOTAのアルファードのスペシャルサイトで、「DAY篇」「NIGHT篇」のそれぞれ30秒バージョン・60秒バージョン、
そして3分ほどのスペシャルムービーが見られますので、そちらもぜひご覧ください。

昨年は沢山海外に行く機会がありました。やっぱり英語、やりたいなぁ。

最後にジルの近影を。

お昼寝前と

ベーコンを狙うジル。

リビングにて。

ほんと、可愛い猫ですよね。(親ばか)(寝起き)

20年

今日で阪神淡路大震災からちょうど20年です。
あの日以来、震災のことを忘れられた日はありませんが、特にこの時期が近づくと毎年少しずつ胸が騒めいて、もう二度とあんな事態が起きませんように、もう誰も悲しみませんようにと願います。
もう20年も経ったという実感が全くなく、昨日のことのように感じられますが、事実20年という月日が流れたのですね。

天災は突然降りかかるものですが、大切なのは忘れないこと、風化させないことだと思います。

犠牲者の方へ鎮魂の意を込め、しっかりと未来を見据えたいです。

昨年末にロケで神戸を訪れた時、復興した街を見て胸がじんとしました。
これからもふるさと神戸に活気と笑顔が溢れ続けますように。

HERO

こんにちは。
本日ドラマ『HERO』のDVD&Blu-rayが発売になりました。
豪華な特典も入っていますので、是非もう一度ご覧になってください。

写真は現場にて。
寒さに負けず頑張っております。

トルコ旅行記

こんにちは。
年明けの忙しい時期ではございますが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。
私はお正月に夜更かしをしてテレビや映画を観たり、本を読んだりして崩れていた生活のリズムが
ようやく通常のモードに戻ってきました。(とはいえ、やはり夜型ですが…。)

映画『HERO』の撮影もちょうど中盤、折り返し地点です。
映画からのスタッフの方も沢山いらっしゃいますが、現場のチームワークがすっかり出来上がり、
撮影は和気藹々と穏やかに進んでいます。
かれこれ千佳役も昨年の春から10ヶ月。長いお付き合いになりました。
こんなに長く演じさせて頂けると思わなかったのでとても嬉しいです。
残りの日々も、一日一日を大切に演じていきたいと思います。

さて、今日は昨年の8月に訪れたトルコ、イスタンブールのオフショットをダダッと載せたいと思います。

まずは着いた日。
ホテルでご飯&打ち合わせ。(この写真必要?笑)

一緒にいるのは仲良しヘアメイク佐藤さんとスタイリスト稲葉さん。

そして撮影初日。
タクシム広場の街歩きシーンから撮影。
一番お気に入りだったブルーのワンピースで始まりました。

カメラが好きなので、撮影機材に興味津々。

立派な4K用のカメラを触らせていただきました!

ガールズ!と、いえばお茶ですね。
カフェでトルコのチャイを頂きました。


チャイってミルクティーのような色だと思っていましたが、トルコでチャイを頼むとこんなストレートティーが出てきます。

街のカフェでは現地の方はこればかり飲んでいらっしゃいました。

宮殿跡地。

この日はめちゃくちゃ暑かったです!

地下貯水池。

ここが一番好きなロケ場所でした。神聖で美しい空間でした。

クルーズのシーン。

日が美しい、限られた瞬間を狙って撮影するため、監督と綿密に打ち合わせをしてから臨みました。


船上から見えたブルーモスク。

船上からの夜景も美しい。

アヤソフィア大聖堂。
煌びやかで美しい建築に惚れ惚れ。中で沢山写真を撮りました。

スレイマニエモスク。
モスクの中でも最大らしいです。


マルマラ海。ボスフォラス海峡。
自転車で夕景を楽しみました。

SONYのカメラを自転車に装着しています。
腕に巻いたモニターで映像が見られるんです!すごい!

ラストインタビュー。
この衣装も好きでした。

イスタンブールの街を見下ろしながらお話しました。

イスタンブール素敵でした。また行きたいです。

歴史は学生の頃から大の苦手なので、死にそうになりながら勉強しましたが…。(笑)


現地の方への街頭インタビューや、専門の学者の方へ取材させて頂くことは、
ドキュメンタリー番組の撮影の中でも最も関心を持っていることなので、本当にわくわくして楽しかったです。

取材を受けて頂けるかも、撮影の許可を頂けるかもわからない、
もし取材させて頂けたとしても、どんな答えが返ってくるかもわからない。
決して想定通りには進みませんが、そうしてその時現場で起こったことをそのままカメラにおさめ、
現場で撮れたもので番組を構築してゆく作業はスリリングで、もっと知りたい、もっと聞きたい、という欲望が刺激されます。
放送を見て、取材の進め方や、自分の説明の仕方など何もかもに下手くそだなぁと不甲斐なさを感じましたし、
私の取材に付き合って頂いた現地の方々には、感謝してもし尽くせません。
下手の横好きではありますが、私はドキュメンタリー番組が大好きなので、
もっと他の番組を沢山見て、取材の仕方を勉強して、再び挑戦したいです。

スタッフの皆さんと。また再会できますように。

次回はローマのほうを載せたいと思っています。どうぞお楽しみに…!

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。
皆様に於かれましては、お健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

私はと言いますと、初詣を済ませてから、お正月あるあるで体調を崩し寝込んでおりました。(笑)
今年の年末年始は『HERO』の撮影中でしたので、年末ぎりぎりまで作品にかかっておりまして、
年末だということもあまり実感できぬまま、気が付いたら大晦日、気が付いたらお正月、という感じでした。

一年を顧みる間もなく2015年を迎えてしまったので、改めて2014年を振り返ってみますと、
2014年は本当に充実した一年だったと思います。
ファミリーミーティングでも「2014年を漢字一文字で表すと?」の質問に『充』と答えさせて頂いたように、
素敵な作品との出会い、素敵な役との出会い、素敵な人との出会いに恵まれ、とても充実した幸せな一年でした。

思えば映画『ジャッジ!』、『抱きしめたい』の公開から始まり、『悪夢ちゃん』の企画で「きもクロ」をやらせて頂き、
苦手な歌とダンスも特訓しましたし、昨年はそれがきっかけで本格的な体作りやボイストレーニングを始め、
自分の体や声と向き合うことが出来るようになりました。
それから『HERO』に参加させて頂いたのも2014年の出来事で…芝居以外ではドキュメンタリー番組も2本やらせて頂きました。
これが本当に一年の出来事なのかと思うほど、たくさんのチャンスを頂きました。

チャンスを頂き、頂く度に、迷わず挑戦しようと果敢に何事にも取り組めた一年でもありました。
挑戦することを決して恐れず、タフなメンタルを保ち続けることができました。
フィジカル面も、メンタル面も、いつもいい状態でどんな仕事も取り組むことができ、
デビューして11年で初めて、「これ以上はなかった」と自分でも納得できた一年でした。

ここぞという時に体調が優れず、自信が持てないまま撮影に臨んでしまったこと、
過度なやる気や、頑張ろうという気持ちが気負いに変わり、うまく自分を表現できなかったこと、
そういった自分の調整不足、コントロール不足による悔しい経験が一年の中で大抵何度かあるものですが、
2014年は体も精神も自分の中でコントロールして、整えた状態で全ての本番に臨めました。
すごく自分の内側のお話というか、自分の実感のお話なので、伝わりづらいと思いますが…
自分を一番いい状態に持っていくこと、そしてそれを持続させ保つこと、
難しいことだけれどこれが私の仕事では一番大切なことだと私は思っていて、
初めてそれが一年間ずっと成功した一年だったので、自分的にとても嬉しかったので書きました。(笑)

ぼんやりとした内面のお話はこの程度にして、昨年の思い出深い出来事をもう一つ。
2014年は年末に、二度目のファミリーミーティングを開催させて頂きました。

今回は国際フォーラムという大きな会場で1200名のファンの皆様と交流を持たせて頂きました。
お昼の部と夕方の部と2回やらせていただいたので、2400名の方々に直接日ごろの感謝をお伝えすることが出来ました。

国内外から、飛行機、新幹線、夜行バスなど様々な交通手段で集まってくださった皆様には感謝の気持ちでいっぱいでした。
本当にありがとうございました。

初めてのファミリーミーティングに比べ、会場が倍の広さになった分、
お一人お一人と充分にお話できず、皆様の満足度が下がってしまうのではないかということが心配でしたが、
最後の握手のお見送りの際に皆様に楽しかったと言って頂けたことが大きな救いでした。

いつも応援して下さっている皆様に恩返しがしたい。
年末のお忙しい時期に時間を割き、そして交通費や宿泊費、参加費を払い、出向いて下さった皆様に喜んでいただきたい。
そういう想いでイベント会場に臨んだはずが、今年もまた皆様から元気を頂き、幸せを頂いた一日でした。
この会場に来られていない方々も含め、応援してくださる皆様のために明日からも頑張ろうと、一層気が引き締まりました。

会場に来てくださった皆様、2014年も応援して下さった皆様、本当にありがとうございました。

皆様のリクエストにお応えして、年甲斐もなく頑張ったサンタのコスプレでしたが、
やっぱりこういうのは完全に出オチなので、次回からはなにか扮装した時は遠慮なく盛大に笑ってください。(笑)

スタイリストの宇都宮さんが作って下さったこのお衣装。


チーフの藤下氏が写真を撮ってくれました。
「いま会える女優」だと喜んでおりました。親ばかです。

そんな私の2015年の抱負は「いま会える女優」…ではなく、(笑)
「2014年以上に自分を安定させ、最高の状態で仕事に取り組むこと」
「公私ともに渇望する気持ちを大切に、何事にも興味を持ち学ぶこと」
「輝くこと」
この3つを掲げてみます。

皆様に楽しんでいただけるよう、エンターテイナーとして今年も色々なことに挑戦し、走り続ける年にしたいと思います。
「365日全力で働く」って書いてますね。今年もお仕事に恵まれますように…。

そして最後になりましたが、旧年中は本当に温かい応援を有難うございました。
今年もどうぞ、北川景子をよろしくお願い致します。

皆様にとって健康で、実り多い一年になりますように…。

最後にプライベートなこともお話せねば!
また写真も溜まっております。

まずはこのお方、みゅうの誕生日会。
12月26日、みゅうのお誕生日の当日にお祝いしました。

毎度のことですが、食べて喋ってすっごく楽しくて大笑いして、
「気がついたらもうこんな時間!また来年も集まろうねー!」と、お店を出たのが深夜1時過ぎだったのですが、
なんと忘年会シーズンでタクシーが見当たらず。
皆で一時間ほどタクシーを待ち、一向にこないことを悟った我々が取った行動。
徒歩。(笑)
それぞれの家のだいたい中心に位置するお店だったのですが、「皆気を付けてね!ではそれぞれ歩こう!」と別れ、
私は1時間45分かけて帰りました。
皆もやっぱりそれくらいの時間がかかったようでした。
「タクシー見つかった?」「こちらは見つからず!」「同じく歩いてる」等とグループでチャットしながら歩き、
朝4時ごろに全員帰宅しました。
「今年がこんな締めくくりになってごめんねー(涙)」とみゅうは言っていましたが、
多分私たち5人は一生みゅうの誕生日の度にこの話をするのだろうな、と思うと、楽しい思い出になりました。

そして年末ぎりぎり、千秋楽の前日に、小日向さんの舞台『海をゆく者』を観に、PARCO劇場に行かせて頂きました。

男性5人が一切転換の無い舞台のセットでただただ喋り続ける、芝居だけで見せる圧巻の舞台で、
八嶋さんの時にも思いましたが、これと『HERO』を縫っているなんて…と唖然としてしまいました。
舞台、いつか挑戦したいと思いつつもご縁がなくこれまで来ていましたが、
小日向さんが凄すぎて、この舞台は私には120パーセントできない…と思いました。(笑)

そして終演後、いつも通りの温和な小日向さん。

オンオフのギャップが凄いです。

一緒に観に行ったヘアメイクさん、スタイリストさんと終演後にお茶しました。
PARCOの一階のカフェにて。


よくPARCOを訪れていた学生の頃を思い出しました。

最後は大晦日のお話。
大晦日は沢井さんと過ごしました。
みゅうも小松も里香も実家に帰ってしまったので、居残り組の2人です。

毎年年末年始は仕事をしているか、家族や親戚と家にいるか、家族旅行するか、一人で寝込んでいるかしか経験がなくて、
友人と過ごすのが実はこの日が初めてのことだったので、異様にわくわくして、すごく楽しかったです。
沢井さんにも「友達と年を越すのは初めてなの!」と言うと「私なんかでよかったら毎年一緒にいるよー!」と笑ってくれて
やっぱり沢井さんは天使なんだ…と思いました。
よくよく考えてみると沢井さんと二人きりで過ごすのは番組が終わってからは珍しいことだったのですが、
当たり前ですがぎこちなさもなく、ずーっと二人で喋っていました。
「一対一で会うって私たち珍しいけどなんでだろ?」という話題にもなりましたが、答えは簡単、私と沢井さんどちらも受け身だからでした。(笑)
みゅうが割といつも集まるきっかけを作ってくれるのですが、残りのメンバーは受け身な子が多いんですよね。
今年は私発信の集まりも作ろう!と思い、さっそく「新年会やろう!」と声掛けしました。
まぁ、結局集まりたいだけです。

番組が終わってから10年、どんどん友情が厚くなっているのが嬉しいです。
沢井さんには2015年になった瞬間に言ったけど、
そしてほかの皆にもチャットで言ったけど、

みんな、2015年もよろしくね!

新年早々長くなってしまったので、また次回、トルコとローマのオフショットをご紹介したいと思います。
2015年もだらだら長いダイアリーをよろしくお願いします…。すみましぇん。

2015年も

新年明けましておめでとうございます。
昨年はたくさんの応援ありがとうございました。
今年も忙しい一年になりそうですが、皆様引き続き応援よろしくお願い致します。
さっそく今日と明日は、

1/1(木)・1/2(金) NHK BSプレミアム
19:00~19:59
ザ・プレミアム「北川景子 垂直タイムトラベル in ローマ」

が放送されます。
ぜひご覧ください。