ドラマ&劇場版「神戸在住」

こんばんは❄︎
今日はさむいっ!!
こごえそうな寒空から冷たい雨が降りしきっていてさらにこごえてしまいそうです。
皆さま、体調にはくれぐれもお気をつけて下さいね。

いよいよ2日後に迫っていますので、今日は「神戸在住」のお話をさせてください☺︎

明後日、1月17日で阪神淡路大震災から20年。

原作である木村紺さんのコミック「神戸在住」は阪神淡路大震災直後の物語ですが、今や20年という歳月がたち、震災を知らない世代がずいぶんと増えました。私もその一人です。
この作品では設定を現代におきかえて、神戸の今を生きる四人の女子大生の日常を描いています。
震災の記憶を辿ること、そして、今を生きること。
あの震災を知らない若い世代の方々にもご覧いただき、震災と20年の復興の歩みに想いを馳せるきっかけにしていただければと思います。

作品の中で重要な役割を果たす、イラストレーター、タナベサオリさんのあたたかくもどこか影のあるやさしい絵。作品を静かにつつみこんでくれる音楽や、素敵な主題歌「あのとき」。
ゆったりとやさしく流れるようなこの作品は
「過去も、未来も、喜びも、悲しみも… 軽やかにまじりあう、優しい風が…、 神戸の街には、吹いている」
というナレーションそのままです。

ドラマの放映も映画の公開も”震災のあの日”にこだわった同日、1月17日。日本では地上派メディア初の試みです。
各局の放送予定や劇場の上映予定についてはこちらをご覧下さい↓

http://www.sun-tv.co.jp/kobe-zaiju

明日は、サンテレビさんの「2時コレ!しっとぉ!?」の生放送にゲスト出演もさせていただきます。

ドラマ&劇場版「神戸在住」、お楽しみに!