あと一息!

過ぎてしまえばあっという間。「小川町セレナーデ」の撮影もゴール目前です。

ひとつひとつのシーンをじっくりと丁寧につくりあげていく、という映画の現場の魅力を噛み締めながら、そして笑いをこらえながら、毎日楽しく撮影しています。

(本番中、寒さに耐える事よりも笑いをこらえる事の方が難しいんじゃないかというのが最近のわたしの新発見です)

それから毎度の食事もこの現場のステキな要素のひとつ。

熱々のめん類から揚げ物まで、いつもできたてホヤホヤのおいし~いケータリングを用意していただいています。連日の冬ロケに多大なるエネルギーを与えてくれているんです。ありがたや~~

今日ももりもり食べて?最後の山場を無事に乗り切るべく、一日撮影がんばります!!

それではっ☆