眠れぬ夜に

最近、眠れない

 

 

寝返りを打つたびに、鮮やかによみがえってしまう

 

 

部屋中があなたの香りで満たされている

 

 

心をどこにしまっても

 

 

あなたを探してしまうから

 

 

 

 

っていうレベルで、指についたにんにくのニオイが消えません

 

 

目に染みるぐらい、なんかもうグゥワッシと青っぽくて苦っぽくて鼻の奥がマッキントッシュウァッチ

 

 

ってなるぐらい、強烈なのがこびりついて離れません。

 

 

母「なんか、エリカ…違くない?」

 

 

父「エリカから、変な匂いがする」

 

 

ざわつく両親。

 

 

異臭騒ぎ。

 

 

なにこれ。軽い事件じゃん。

 

 

 

母に至っては激しすぎる匂いで判断能力を失い

 

 

 

異変が「匂い」であることに気付けてないからね。

 

 

違うって言われてるからね、私の存在にかかってるからね、「違くない?」が。

 

 

SF映画の、宇宙船で同じ人物が二人に増えた時の仲間のセリフだからね、これ。

 

 

 

 

クルー1「なんか、ジャック…違くない?」

クルー2「シッ、声が大きい。俺も様子が変だと思ってたんだ…」

クルー3「二人とも何言ってるんだyo!どこからどう見ても、あれはジャックだぜ?haha!」

クルー2「いや、それにジャックからずっと、変な匂いがするんだ」

クルー3「heyhey!それについては俺が説明できるyo!

昨晩ジャックとチェスをしながらドリアンフレーバーナッツガーリックエクストラくさやを

食べてたからさ!」

クルー1「待って!!ジャックは確かナッツアレルギーだったはず…」

クルー2「ということは…あのジャックは…」

クルー3「ナッツアレルギーを克服したんだne!すごいne!」

クルー1,2「すごいne!」

 

 

 

船内カオス。

 

 

 

 

誤解がないよう特記しておきたいのは

 

ごく限られた数本の指からにんにくのニオイがするのであって

 

決して私の全身からするのではない、ということである。

 

右手・親指、人差し指

左手・親指、人差し指、中指

 

この五本の指からの強烈なニオイで私は夜も眠れません。

 

二日続けて謎にカレーを作ったせいで

 

結局6日間、完全にニオイが消えることはありませんでした。

 

 

 

 

 

 

気が付いたら誕生日を迎えていました。

 

 

 

にんにくにうなされて迎えたnew age

 

 

新時代の幕開けだyo!(クルー3登場。

 

どうしてにんにくは

食べる前は良い香り

食べた後は嫌なニオイ

 

なのでしょう。

 

 

食べ物からにんにくの香りがすると、とっても美味しそうなのに

人間からにんにくのニオイがすると、とっても不快なのです。

 

 

 

なんでかなぁ、なんでかなぁ。

 

と、こんなことに時間を費やし迎えた31歳

 

 

今年はひっそり厳かに喜びました。

 

なんならstay home中は歳をとらないみたいな制度できないかなって思いながら

 

 

作りすぎたカレーをもしゃりもしゃりと食べていました。

 

 

 

沢山のおめでとうメッセージありがとうございました。

皆さんが温かい気持ちを抱いてくれていた最中、私はにんにくのニオイについてばかり考えていました。

ごめんなさい。

 

 

 

元気に産み、育ててくれた両親に

皆様からの声援に

友人からの激励に

仕事でお世話になっている全ての方々に感謝しつつ

この歳を誠実に充実させていきたいと思います。

 

 

ではでは今日はこの辺で。

 

 

あ~鬼退治

 

 

終わっちゃったなぁ。

 

 

 

 

 

 

おまけのしゃしん

 

 

 

いつかの収録のときの

 

 

 

 

ではでは、ばいばいいなり

春は花粉で。

ムズムズかゆくなりゆく鼻際

 

 

すこし掻こうて、赤くなりがちたる瞳の、細めてくしゃみがまんしたる

 

 

 

 

江里佳草子

 

 

 

家で過ごす時間が多くなった近頃

 

 

晴れた日には窓の外を眺めながら

 

 

例年の春の自分を思い出すのです。

 

 

春物のコートをさらっと羽織って

 

 

110ロバートデニールタイツを脱ぎ捨てて

 

 

髪色軽やかに

 

 

新色リップでおめかしして

 

 

お散歩したり、テラスでティーをのんだり、お花見したりしていました

 

 

「ぽかぽかだねぇ」

 

 

 

「碇君と一緒にいると、ポカポカする」

 

 

 

「これ以上俺をホワホワさすんじゃねぇぇ!!」

 

 

 

「逆だよ ゴン 俺なんだ ゴン 俺

 

 

ゴン、俺

 

 

ゴン、オレ……

 

 

ゴン、

 

 

ボン、

 

 

ボンゴレェェビアンコォォォォォ!!

 

 

 

 

 

あぁ、なんて恵まれていた、平和な日々だったのでしょう

 

 

 

人はみな、不自由になって初めて、自由を知るのです

 

 

ということで、皆様お元気ですか?

 

 

健康面はもちろん、精神的・生活的にも様々な影響が出ている方々も多くいらっしゃることと思います。

 

 

実際私の仕事も、イベントMCや取材等がキャンセルになり

 

 

ミラクルパンチを鳩尾あたりに2、3発受けております。

 

 

ですが、心は豊かでありたいと思いまして

 

 

いや、えっと、はい、胸の話をしているのではありません

 

 

心、heartの話です

 

 

そりゃぁ確かに胸も、はい、豊かに、うん、なりたいけれど

 

 

先日

 

「ハートチャクラがつまりすぎてて人間関係がよくない

 

 

ここを開けば胸も心も豊かになる」と言われましたけど

 

 

胸も心も詰まってるらしいんですけども!!

 

 

閑話休題

 

 

 

だからね、私が伝えたいのはね

 

 

微力ながらも、私のSNSやブログを読んで

 

 

皆さんが「クスっ」とほのかに笑えればいいなと思うわけですよ。

 

 

 

 

「ごめんなさい、松原さんのブログを読んだとき、どんな顔すればいいかわからないの」

 

「苦虫噛み潰したみたいに笑えばいいと思うよ」

 

 

 

 

 

 

 

それは嘲笑。

 

 

 

 

実際に、似たようなことをコメントされることは札幌時代から多々あります

 

 

みんな私の消化の仕方が分からないようで

 

 

消化し終わる前にまた食べちゃうから、鉛のように心に残り続けるようです。

 

 

 

それも乙。

 

 

だから私は、テイストも特に変えずに書き続けたいと思ってますのであしからず。

 

 

 

そういえば、花粉症の皆様はこの時期つらいはず。

 

 

まぁ私も辛いんですけど、花粉症と認めたら負け感があるので

 

 

春のいたずらって呼んでますが

 

 

目、かっっっゆくない?どうしたの?

 

 

寝ているとき無意識に掻いてるらしくて、

 

 

朝起きたらまつ毛と一緒に抜けたマツエクが枕に刺さってる

 

 

わりと90°に近い角度で

 

 

田植えかな

 

 

みたいな

 

 

取材に行くときもなんかもう顔全体がかゆくて

 

 

鼻の奥からズズズってタタリ神が下りてきて

 

 

「おいしい!」って笑った瞬間にシシ神さま出てくるんじゃないかって本気で心配になる。

 

 

あとさ、電車内や人前だとちょっと恥ずかしいし、

 

 

相手に不快な思いさせたくないから

 

 

マスクをしてるときって、ほんとぎりぎりまで鼻をかむの我慢しちゃうのね。

 

 

でもその分リスクも大きくて

 

 

なんてったって朝から鼻をかみ続けてるから

 

 

鼻の感覚がマヒしてて、シシ神さまが顔を出していることを自覚できなかったりするの

 

 

だから、迂闊にマスクをとれないという事案が発生するんだけど

 

 

マスク越しでもシシ神さまが見えてるんじゃないかっていう不安との葛藤だったりもするんだよね。

 

 

挙句、我慢してた分かみはじめると止まらないよ、

 

 

シシ神ヘビロテ。

 

 

 

そうそう、ヘビロテとまではいきませんが、

 

 

 

 

SMBC三井住友銀行の店舗で、松原出演の広告が流れ始めています。

 

 

お近くの店舗でモニターがあれば、観ていただけるかもしれません!

 

 

 

 

こちらは渋谷の支店。仕事帰りだったので、私の髪がもうボサボサですが…。

 

 

そのほかWEBでもチェックできますので、お家時間にぜひ♪

 

https://www.smbc.co.jp/kojin/special/stop_phishing_crime/?link_id=hoka_kwOTB1912002

 

 

撮影オフショットも載せておきますね~

 

 

 

似てるけどInstagramの写真とは微妙にちがうぉ。

 

 

 

動画ver.はInstagramに掲載予定です

 

 

ではでは今日はこの辺で。

 

 

 

心豊かに

 

 

追伸

 

 

FMyokohama COLORFUL KAWASAKI 公式Instagram

 

 

開設しました!!

 

コピーライターからフォトライターへ転身!

 

取材オフショットや、ここでしか見られない写真・動画も掲載予定ですので

 

 

 

あわせてFollow Me!!!!!

 

 

ばいちゃ。

 

 

おまけ。おばけ。

 

 

 

 

 

そんな我が家の鬼退治

まぁタイトルにもあったように

 

 

最近、鬼退治をする漫画にはまっていまして

 

 

それはそれは獰猛な鬼に、それはそれは強い剣士たちが

 

 

刀一本で立ち向かっていく物語なんですけど

 

 

言ってしまえばもう、寝ても覚めてもその漫画のことばかり考えていまして

 

 

ビルが立ち並ぶ東京の街で

 

『もし今ここで鬼が奇襲してきたら、私はどんな立回りで退治しようか』

 

みたいな、自分が、あたかも、その漫画の主人公であるかのごとく

 

いやむしろ主人公を凌駕するほどの才を持った剣士となったつもりで

 

闘い方をあれやこれやとイメトレし

 

むふむふ言いながら半笑いで歩いているわけでございます。

 

 

前から来たおじさま、目が合ったけどごめんなさい。

 

 

 

 

 

思えば私は、昔からそうでした。

 

 

ゾンビ映画を観たときは

 

自分が人類最後の生き残りだと思い込んで

 

家の些細な物音にも敏感に反応し

 

廊下を曲がるときは壁に背をくっつけて

 

口元に人差し指を持ってきて「シィィ」などと言ったりしています。

 

 

人類は、自分だけだと、いうのに!一体誰に静かにしてほしいねん。ゾンビか。

 

 

 

 

はたまた、あなたの名前はなんですか的なアニメ映画を観たときは

 

人から借りた本に「お前は誰だ!」と書きなぐって返却したら

 

逆に、返却しかえされたり

 

自分にも運命の糸があると思い込んで

 

服の糸のほつれを切れずに、ぶらぶらさせていた時期もありました。

 

 

 

そう、私はたぶん、影響されやすいです、とても。

 

変温動物なんです、言ってしまえば。

 

 

さてそんな私を育んでくれた松原家ですが

 

 

季節のイベントにはわりと積極的。

 

 

先月の節分では、父が謎の福面とともに豆を買ってきたので

 

 

イチゴ大福ぐらいしかない福面を顔につけながら、豆まきをしました。

 

 

「きっつ~、このお面、きっつぅぅぅ~」と言いながら、豆、まきました。

 

 

「鬼はぁ~そとぉぉぉ、福はぁぁぁぁうちぃぃぃ」

 

玄関を開け、豆、ぺいぺい!!

 

「鬼はぁぁぁぁぁぁ~そと!!、福はぁぁうちぃぃぃ」

 

窓を開け、豆、ぺぺいっ!!

 

 

「ふぅ、これで我が家は今年も平和ね、ぐへへ」

「豆食べたら健康だね、幸せだね、ぴぎゃぁ」

 

と、そんな家族との高尚な会話が一通り終わって

 

手のひらに残る豆をじっと見つめ、思ったことがあります。

 

 

 

 

豆で鬼祓えるなら、刀いらなくない?

 

 

 

なんて、平和な解決方法なのでしょう。

 

 

 

鬼滅の豆

 

 

絶対売れる、その匂いしかない

 

 

商品化したら、この豆、絶対に、売れる

 

 

来年の節分で、飛ぶように、爆発的に、売れる。

 

 

鬼滅の、豆

 

 

もう、可愛い要素しかない

 

 

鬼と豆のギャップ萌え

 

mameという音

 

 

血の匂いじゃなくて、炒り豆の匂いがする

 

 

 

そんな鬼退治。

 

 

と、そんなことを妄想しながら一人でわきゃわきゃしていると、

 

 

 

母に突然、わりとキツメに「いい加減、そのお面はずしなさい」と言われたので

 

 

え、えぇ~と、そんな感じ?あっれぇ、さっきまでの一体感なんだったんだろう

 

いや、なんか、ほら、みんなを楽しませたい一心で、

 

サービス精神旺盛だからさ、ついつい忘れて、うん、はい、ごめんね

 

といいながら外して処分しようとしました。

 

 

すると、母が「あ、それは私が然るべきところで、きちんと処分しておきますから」

 

 

と、頗る妙な感じの親切心を前面に出しながら、福面を掻っ攫っていきました。

 

 

 

 

その日の夜中、夜更かしが癖になりつつあるなぁ、手足冷えるなぁとベッドへ向かうと

 

 

 

 

 

 

然るべきところが、まさか私のベッドだったなんて。

 

 

もうね、親の顔が見てみたい

 

 

見てみたいよ

 

 

いや、知ってるんだけどもっ!!お祖母ちゃんだよ、私の。

 

 

捨てられてなるものかっ!感だったのね、私がお見受けした、あの、妙な感じの親切心は。

 

 

あ、違和感といえば、我が家のひな人形にも

 

 

お分かりいただけるだろうか…

 

 

 

 

和洋折衷!

 

純日本人に混ざって、ブロンド美人がおるねん。

 

 

 

これにいたっては、いにしえ感ぱない。

 

タンスに入れる防虫剤の匂いしかしない。

 

私「こちら何年ものですか?」

 

母「あ、30年ものでございます。」

 

兄が幼稚園で作ったひな人形を、まさかのこのタイミングで飾ってる。

 

だだもれる今さら感。

 

 

なにこの、愛。こんな愛のカタチ、私はシラナイ。

 

なんなら兄の子供がもうすぐ幼稚園だよ。

 

 

と、このように、松原家は、今日も平和でございます。

 

 

豆まきのおかげ。

 

 

 

 

 

そうそう、日本テレビの有吉反省会に出演するので

 

是非お付き合いください。

 

放送日程はインスタグラムで告知いたします。

 

 

ではでは

 

 

最後におまけの一枚です。

 

「えりかさんの写真が少ない」というご意見が結構ありましたので。

 

インスタ非公開、うざめ120%の写真です。

 

 

 

ブログまで読んでくれている皆様は

 

きっと私を応援してくださっている、心の広い方々だと思いますので。

 

安心して載せます。苦情は受け付けません。

 

 

 

 

ではまた、近々お会いしましょう。

 

あっつ、news every.も観てね♪

 

 

 

 

追伸

 

「読みにくいブログですが、頑張って読んでます」

 

というコメントも沢山いただきました。ありがとうございます。

 

 

 

読みにくいんだ!!この、ブログ!!!!笑!!

 

 

おまけのおまけ

 

 

 

顔。

 

 

困る前から神頼み

2020

 

 

いたるところで踊る数字

 

 

2020

 

 

あけました

 

 

遅ればせながら

 

 

おめでとうごじゃります

 

 

 

本年もまるっとよろしくお願いいたします。

 

 

 

さてさて皆様は初詣に行かれましたか

 

 

 

私は毎年のことながら

 

 

 

芸能精進ということで豊川稲荷に もうで しました

 

 

なんだけどさ

 

 

 

この間、大学時代の友達とランチしてて

 

 

「今年はいよいよ前厄だね~」

 

 

って言われて

 

 

「厄祓いはどこ行くの~?」

 

 

なんて聞かれて

 

 

「あ~、まだ決めてないよぅ」

 

 

とか言いつつ

 

 

『え、前厄ってわざわざお祓い行くの』

 

 

と内心ざわついていました。

 

 

カイジもびっくりするぐらいザワザワ言ってました。

 

 

 

そもそも厄年の知識なんてほんとうにミジンコほどもなくて

 

 

 

まず、厄ってなに

 

 

おみくじで凶が出た時とどっちが悪いの

 

 

 

「厄年の人は、周囲の人にもよくない」

 

 

とかいうけど

 

 

そんなバイオハザードのT-ウィルスみたいな感染力あったら

 

 

日本の経済まわらないyo

 

 

厄年の人が毎年何人いると思っているんだyo

 

 

ってかこれって世界共通なのかな

 

 

もし他国に厄年っていう概念がなくて、日本独自のものだったら

 

 

海外にいる日本人はどうなるのかな

 

 

厄、海越えていくの?

 

 

厄だけノーボーダーなの?

 

 

 

 

厄が、今、背泳ぎで海を越えてっ

 

 

にゅ、入国しましたぁぁぁぁぁぁ

 

 

厄「Haha,どこへ行っても、逃がさないyo」

 

 

……。

 

 

 

そう考えたら、厄ってめっちゃ怖いじゃん

 

 

厄祓い必要じゃん

 

 

前厄だろうが本厄だろうが後厄だろうが関係ねぇyo!

 

 

祓いたい

 

ふんぬふんぬ言いながら

 

 

祓いたい

 

 

無性に

 

 

どうしようもなく

 

 

祓いたい

 

 

もはや、今すぐランチなんてやめて

 

 

なんなら友達すら置いて行ってでも

 

 

祓いに行きたい

 

 

 

えっと、どこへ?

 

 

 

「あ、あれぇ・・・ってさぁ、えっとぉほら、どこがいいんだっけ?」

 

 

もちろん知ってます、知ってますけど

 

 

なんかお正月ボケ引きずってちょっとど忘れしちゃいました的なテンションでさりげなく聞いてみましたが

 

 

「ん~べつにどこでもやってると思うよ~」

 

 

と、友達はふんわりとした回答をしながらデザートのパンケーキをむしゃむしゃ頬張ってます

 

 

その真正面に座ってる私は、ふんふんそうだよねぇとか言いながら

 

『違うんだよぉおぉぉx、わたしゃぁどこに行けばいいのか知りたいんじゃぁぁぁぁぁ

 

ふんわりはパンケーキだけにしてくれぇぇぇぇx』

 

 

と苦虫を噛み潰したような顔をしながら甘いパンケーキを貪りました。

 

 

ごっくんと飲み込んで、再度チャレンジ

 

 

「あ、あっれぇ、でもさ、ほら。うん、ちなみにどこ行くか決めたの?えへへhあぎゃ。」

 

 

と、ストレートな。

 

 

わりともう答えをとりに行く形式の疑問文にしたんですけど

 

 

相手も手ごわい。

 

 

「うん、きめたよ~。高校の友達と一緒に行くんだぁ。むしゃむしゃ」

 

 

 

 

 

 

 

 

まじか。

 

 

 

 

 

どこ行くか決めたの?

 

 

じゃなくて、

 

 

どこ行くの?

 

 

って聞けばよかった。

 

 

 

しかも「高校の友達と行く」という

 

 

私とは違うコミュニティで先約あり

 

 

ということも明示された。

 

 

 

「あ、じゃぁさ、一緒に行こうよ♪」

 

 

 

作戦も使えない。

 

 

知識がない私でもわかる

 

 

きっとたぶん厄祓いは二回も行かない。

 

 

「ほ、ほぇえ!いいねいいね。ちなみにいつ行くの?」

 

 

メープルシロップでデロデロになったパンケーキをフォークで追っかけながら聞くと

 

 

「来週~!ほら、節分までに行った方がいいって言うじゃん」

 

 

 

 

 

 

え。

 

 

 

 

なにその情報

 

 

 

 

なに、厄と豆ってなんか因縁でもあるの

 

 

なんなら豆まきで厄も鬼も一緒に祓っちゃえ(てへ

 

 

みたいなテンションでいきそうだったよ今年の豆まき!

 

 

 

ふぅ~あぶないあぶない

 

 

「あへへh!!そうだよねっ、うん、あ、じゃぁお互い次会うときは祓えてるねぇ!!厄!」

 

 

とかえぐえぐ半笑いで残りのパンケーキ食べてたけど、心はぼでぼで半泣きでした。

 

 

 

 

 

たまたま節分前にゼミの友達とランチする約束があったので

 

 

この日のランチ解散後、音速で

 

あたかも前からあった知識のように厄の恐ろしさと厄祓いの大切さを丁寧に長文LINEし

 

彼女をその気にさせ

 

行ってきました厄祓い。

 

 

関東厄除け三大師に行こうと思ったのですが

 

「遠い」というシンプルかつ的確な理由でばっさり却下され

 

「近い」という単純かつ生産的な理由で明治神宮へ行ってきました

 

 

 

 

 

初穂料を、ずっと

 

 

しょほりょう、しょほりょう

 

 

と連呼しながら受付をした私は本当に祓えたのか、いささか不安ですが

 

 

「なんか、もう今年は良いことしか起きない!そんな気がする!」

 

 

みたいにきゃいきゃいしてました。

 

 

 

しかし

 

 

幸せへの執念は根深く、欲深く

 

 

豊川稲荷、明治神宮だけでは飽き足らず

 

 

成田山新勝寺にもいってきました。

 

 

なんかもう、私の肩が、神様たちの相席居酒屋みたいになってる。

 

 

「あ、どうもぉ、初めましてぇ。えっと、そちらは何を司ってます?」

 

 

みたいな挨拶聴こえるからね。

 

 

ちなみに、成田山でおみくじひいたら「吉」でした。

 

 

 

 

 

待ち人、遅くとも来る

 

縁談、あわてずに時機をまって吉

 

 

 

 

 

 

 

でも失物は、見つからないそうです。

 

 

 

 

 

 

 

ぼん!

 

節足動物門鋏角亜門

さてさて年の瀬

 

 

12月31日、2019年最後の更新です。

 

 

皆様お元気ですか。

 

 

まぁ今年もあと数時間だし、振り返ってもいいかなとかって思ってたんですけど

 

 

えっと、大掃除終わりました?

 

 

はいはい、松原家はもう28日あたりから3日間ぐらいかけて行ったわけですが

 

 

なんせ実家は皇居3つ分ぐらいの敷地面積なので。

 

 

一年間1度も足を踏み入れなかった塔とかあるからね

 

 

軽くプリンセス軟禁されてる恐れあるからね。

 

 

あれ、知らない間に知らないおじさんが庭でキャンプしてることとかあったからね。(これは実話

 

 

それでね、毎年私が怯えていることは何かというとね

 

 

まぁ大掃除って普段はなかなか届かない部分まで

 

 

根こそぎ除菌殺菌滅菌、菌撲滅キャンペーンするじゃないですか

 

 

そのとき不可避な埃シャワー浴びるとか本当にもう勘弁してほしいんですけど

 

 

許されるなら毎日大掃除していたいお年頃なんですけど

 

 

それ以上に何が怖いって

 

 

ナニカが出てくるのが怖いんです、ほんと。

 

 

バキュームで全身の水分全部かっさらわれたみたいにミイラ化した、黒い物体

 

 

数か月前はおそらく生きていたんだろうなと、それだけがかろうじて確認できるフォルムの、物体

 

 

まさにこれを魂の抜け殻というんだろうなぁ…と、体育座りでまじまじと見入っている余裕はない。

 

 

ぬるま湯をかけたら99%以上の高確率で再び息を吹き返し跳ねまわると言わんばかりのハイクォリティミイラ。完璧なミイラ。上質なミイラ。国宝級のミイラ。

 

 

ぽかんとひらかれた私の口からいつなんどき生ぬるい唾液がたれ落ちて、蘇るかもしれない

 

 

そう思うと背中の毛穴が全開

 

 

そこから翼が生えて、あら便利、天井の掃除もラックラク♪ってぐらい飛べます

 

 

色んな意味で。

 

 

なかでも一番怖い瞬間が、エアコンの内部を開ける時

 

 

未踏の地へ足を踏み入れる考古学者の気持ちです。

 

 

慎重に、慎重に、ナニカが飛び出してこないようにゆっくり取り外そうとダストボックスに手をかける

 

 

 

かすかに震える手が、力加減という単語をど忘れしているのか

 

 

力が弱くてなかなか外れない

 

 

これ以上力を入れたら、勢い余ってダストとナニカが飛び出してくるんじゃないかと思うと

 

 

ますます震えとよだれが止まらない

 

 

この場合、ナニカの安否は問われていない

 

 

どちらにしてもナニカを見つけた瞬間、私はメデューサに睨まれた非力な民と化すからだ

 

 

うわぁ~うわぁ~いたらどうしよう

 

 

助けてぇ助けてぇ

 

 

そんなふうに13分間、己の力加減と恐怖が命がけの綱引きをしながら

 

 

ついに、我、カタンっと外れる音を聞く。

 

 

は、はずれたぁ……

 

 

しかし、安心するのはまだ早い

 

 

このダストボックスには、ダスト以上のダストが

 

 

スターダストが潜んでいるかもしれないのだから。

 

 

ピギャァピギャァとわめきながら、恐る恐るダストボックスを覗く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いない

 

 

 

スターダストは、いない!!

 

 

ダストしか、ない!!!

 

 

 

はぁやっぱり普段の行いがよいとこうなるんだよなぁって

 

 

 

思えば2019年頑張ったもん

 

 

新しい仕事も、ずっとお世話になってきた仕事も

 

 

 

感謝の気持ちを込めて、一生懸命向き合ってきた。

 

 

 

30歳の節目を迎えて、考え方というか、心意気を変えようと

 

 

力を抜く大切さも知った

 

 

何事も、緩急とタイミングが大事

 

 

アクションを恐れず

 

 

変化を受け入れる

 

 

両手がふさがっていたら、掴みたいものもつかめない

 

 

手放す勇気と、手を伸ばす行動力を知ったよ。

 

 

なんか、2020年が最高の年になる予感がした。

 

 

ダストなんて怖くない

 

 

掃除機でちょいちょいって吸い込んで

 

 

クリーンな風をまた来年も浴びることができるよ。

 

 

 

いやぁ、そんなこんなで私の大掃除は終わったわけです。

 

 

 

3日間かけて行われた松原邸の大掃除

 

 

 

クッタクタに疲れた身体を癒すのはもちろん良質な睡眠

 

 

 

するっと滑り込んだベッドマットもシーツも掛け布団も枕も太陽の力を借りてフカフカ~いい匂い♪

 

 

やっぱり外に干した布団は温かみが違うよなぁ…としみじみ

 

 

ほかほか布団に包まれる感覚は、母に抱きしめられる感覚に似ている

 

 

ほら、まぶたもだんだん重くなってくる

 

 

そろそろ眠ろうかとサイドテーブルでやんわり灯るスタンドに手を伸ばす、寝返りを打ったその瞬間

 

 

素早く私の布団から小さな点が飛び出した

 

 

それはもう目にも止まらぬ速さで

 

稲妻のように私の思考を飛び越えて

 

サイドテーブルに飛び乗ると、私をじっと見つめている

 

8つの瞳で

 

何かが

 

ナニカが

 

私を

 

見つめている

 

 

私はそれを

 

 

見つめ返す

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生まれて初めて、夜中の2時18分に、叫びました。

 

 

 

 

では皆様、よいお年を。

 

 

 

 

追伸

 

 

年明け、

 

 

嬉しいご報告ができると思いますので

 

 

引き続きインスタグラム等のチェックお願いいたします♪

 

 

 

ではでは

 

 

 

 

すたーだすとぉぉぉぉぉぉぉぉぉおおおおおおおおおお

 

 

 

 

おまけ。