なう

こんばんは。

本日も絶賛撮影中です。

今日は写真集打ち合わせからの、別件の衣装合わせからの撮影です。

写真は本番前に真剣な顔で髪の毛を直している北川です。

お知らせです。
明日夜9時から、日本テレビ金曜ロードSHOW!で「パラダイス・キス」がオンエアされます。
地上波初放送です。ぜひご覧ください。

撮影なう

こんにちは。
本日もまだ撮影しております。

最近暑くなってきましが、北川は相変わらず元気にやっております。
連日撮影が続いていますが共演者、スタッフの方にも慣れてきて、すごく良い雰囲気で撮影できています。
元気なので先日は撮影所内を走り回っていました。

ではまた。

近況など

初夏を思わせる陽気となりました。皆様お元気ですか。

スタッフの記事にもありましたが、私は連日スタジオにこもり撮影をしておりました。
とてもハードでしたが、古巣の東映大泉での撮影でしたので
懐かしい方に沢山お会いして楽しい日々でした。

先日はデビュー作のセーラームーンでお世話になった白倉プロデューサーや
田崎監督にお会いし「あれから10年、早いですね」等とお話しました。

白倉さんは映画「Dear Friends」で東映大泉でお会いして以来、
田崎監督は昨年太秦東映で「みをつくし料理帖」を撮影していた時に
田崎組と撮影時期が重なりよくお会いしていて、その時以来でした。

どなたとお会いしても、いつも決まってセーラー時代の思い出話に花がさきます。

忘れもしない10年前、セーラー戦士役の最終オーディションで
歌や踊りなど何か一芸を披露する、という審査があったのですが、
ごくごく普通の冴えない高校生だった私は何も一芸を持ち合わせておらず
オーディション前夜まで何を披露するか決められずにいました。

就寝前、私はとうとう思い詰め、サツマイモを半分に切ってラップで包み
彫刻刀と一緒に鞄の中に入れました。
そして当日のオーディション会場では容姿端麗で、
歌やダンスやバレエ、新体操など才能豊かな少女たちに紛れ
もうどうにでもなれと惨めな気持ちで審査員の前で黙々と芋版を彫って合格しました…

田舎から芋を持って上京した17の私は現実に打ちのめされ
神戸までの帰りの新幹線では「落ちるなら芋で落ちた。」と何度も強く思いました。
今では、芋があったから今の自分がいる、と強く思っています。
芋版で合格にして下さったお心の広い白倉さん、田崎監督には今も頭があがりません。(笑)

そんな思い出深いオーディションから、デビューさせていただき
1年と数か月を特撮に生きたので、東映は私にとってとても思い出深い場所です。
大泉学園の駅の周りも、スタジオも、すべてに思い出が詰まっていて
駅からスタジオまで15分、皆で話しながら歩いたなぁ、
ここの化粧前は沢井さんがよく使っていたなぁ、
この控室を昔は5人で使ってたなぁ、などと
自然と戦士4人の姿が浮かんできて、楽しかったな、と懐かしく思います。

久しぶりに撮影所に立ち、10年続けてこられて本当に良かったと思いました。
ここからスタートして、色々な方に出会い、助けられ支えられ
御縁が繋がり、10年経ち今の私がまたここに立っていられるのですから、
なんと自分は人に恵まれてきたことかと、ひしひしと感じます。
めぐり合い、奇跡、そんなことについて考えていた今日この頃です。

今回の現場のスタッフさんにも、「水に棲む花」という懐かしい映画でご一緒した方から
森田組で何度もご一緒した方、他にも過去の作品でお会いした方が沢山いらっしゃって
初めての組とは思えない環境でのびのびやらせていただいています。
「またお会いできるように精進してまいります」とクランクアップでご挨拶をして、
何年か経て本当に同じスタッフの方とご一緒できた時、とっても嬉しくなるものです。
今回はそんな喜びの大きな現場です。
成長した姿を見せられたらと思いつつ…良い作品を作れるよう頑張ります!

これは先日実現しなかった和田さんとの2shotです。
田崎さんと和田さんが東映で撮影していると噂を聞きつけ訪問してきました。

つい「赤やってます。」と自己紹介してしまう我々です。

そして最後にお知らせです。
5月19日(15:00~15:30)放送のTBSの「宝塚歌劇100年の愛」(関東のみ)
という特別番組に出演させて頂きました。
この番組内ではインタビューという形で蘭寿とむ様と対談させていただきました。

宝塚という素晴らしい歌劇団の存在、蘭寿とむ様という舞台人の存在を
もっともっと多くの方に知っていただきたい。
そのために、一ファンに過ぎない私ではありますが
少しでもお役に立てるのならば、という想いでこのお仕事を受けさせていただきました。
1年前の私が知らなかった幸せな気持ちを、一人でも多くの方に感じていただけたら幸いです。

ファンの方から「蘭寿様を目の前に無事でしたか?」という主旨の質問を沢山いただきましたが
無事です!大丈夫でした!(笑)

いつもは客席から拝見しておりましたので、対談が始まる前は極度に緊張しましたが、
いざカメラの前にたつと謎の使命感が生まれ、不思議と冷静に任務を遂行できました。

100年続く宝塚の伝統、戦国BASARAのお話、トップとしての蘭寿様の想い、等々
きっとファンの皆様が蘭寿様にお聞きしたいことはこういうことなのでは、と
前日からリストアップした質問を、限られた時間の中でお聞きし
とても素敵なお話を沢山していただきました。

いつも私は質問して頂く側なので
質問や番組の構成、進行を考えながらの収録は難しかったですが、
いい経験になりました。
この歳になっても、本当に日々勉強です。

収録後数日経ってから、あの時もっと蘭寿様のお姿を焼き付けておくんだった、と
じわじわ後悔していますが、私もお仕事で行かせて頂いていたから
どのみちあの時はガン見はできなかったはずだと自分に言いきかせています。
やはりファンたるもの客席から心置きなく追い続け、この目に焼き付けるべし。
戦国BASARAでは燃えつきたいと思います。大車輪!

フェイッシリィ(FATE CITY)

こんにちは。
GWはいかがでしたか?

私は友人の結婚式に出席したり、ゆっくりランチに行ったり、
趣味の観劇もしてとても充実したGWを過ごすことが出来ました。

GWの前半は花組オーシャンズ11のMy千秋楽を迎えました。
蘭寿とむ様の大人の男の色気、器の大きさ、愛、腰、
蘭乃はな様の輝かしい美しさ、溢れる気品と知性、御御足、
だいもん様(望海風斗さん)の圧巻のお芝居と法律スレスレェな美貌、美しい指先、
みー様(春風弥里さん)の金色の前髪から垣間見える瞳、ダイナミックなダンス…
ここに書ききれないほど花組の皆様を堪能し幸せでした。

キキちゃん(芹香斗亜さん)が加わりイレブンが終結した「JUMP」のナンバーや、
一幕最後のイレブンのメンバーの後ろ姿、
この時期、このタイミングで蘭寿とむ様のダニー・オーシャンを観られた喜びに
震え、涙するほど私はこの一年で立派な花担として成長しました。

凄い奴らは帰ってしまったけれど
私が蘭寿とむ様と、蘭寿とむ様率いる今の花組を愛した日々に偽りはありません。

もう花組ベガスに行けないなんて寂しすぎる、と感傷に浸りかけましたが
蘭寿とむ様と花組の皆様はもう次に向かって
進化し続けていらっしゃるので私はしっかりついて行きます。
そして戦国BASARAが始まるまではスカイステージ、歌劇、グラフ、
手に入れたオーシャンズ11のDVDを
色んなアングルから本気で楽しみたいと思います。(仕事をしなさい。)

そしてGWの後半は和田正人さんの舞台「チョンガンネ~おいしい人生お届けします」を
下北沢の本多劇場まで観に行きました。
利益主義ではなく、お客様に美味しさ、笑顔、幸せを届けるために八百屋を経営する
独身男性たちのお話で、笑いあり涙ありのPOPなミュージカルでした。

当たり前ですが、和田さんがドラマ「悪夢ちゃん」の助手の山里とは全く違って
まっすぐで明るい、お客様や従業員思いの温かい店長を演じていらっしゃって
「まぁ、和田さんたら爽やかになって…」としみじみ思いました。
が、よくよく考えたら山里の印象が強すぎて忘れかけていただけで
普段の和田さんは明るく爽やかな方でした。(笑)

この舞台は舞羽美海ちゃんがヒロインで出演していて
美海ちゃんは少し不器用だけど、純粋で、仕事に恋に一生懸命な
頑張り屋さんな女性を演じていました。
宝塚時代の可憐さや品をそのままに、突き抜けたコメディなお芝居や
ポップな歌とダンスを披露していて、とてもチャーミングでした。

観終わった後に、私も頑張ろう!と素直に思える、勇気をもらえる舞台でした。
こちらも観られて良かったです。

写真は爽やかな座長、和田さんにシャッターをお願いしました。
アングルもこだわってくださって…

美海ちゃん!はじける笑顔が輝いてます。

和田さんとの2shotは…
美海ちゃんと盛り上がっていたら私のカメラで撮るのを忘れました。てへ。
(山里と彩未先生の再会の光景をご覧になりたい方は、和田さんのブログへ。)

今月は舞台上の皆様からたくさんの良い刺激を頂き、改めて気を引き締めることが出来ました。
明日から新しい作品にクランクインしますので、
私もNEVER GIVE UPの精神で、皆様に笑顔、幸せをお届けできるように精進していきたいと思います。

ついでなので私服も紹介します。
ジャケット:SEE BY CHLOE トップス:DRESSCAMP
デニム:MERCURYDUO オペラシューズ:PRADA バッグ:FURLAです。
このオレンジのバッグはこの春買ったもので、
色と、中が透ける素材がとても気に入っています。
たくさん入るし汚れにくいし、お仕事に行く時も活躍中のバッグです。

なう

こんにちは。
今日は次回作のお祓いなどをやっています。
写真はなぜか台本で顔を隠している北川景子。
ではまた。

Facebook見てます。

こんばんは。
ゴールデンウイークいかがお過ごしでしょうか?

今日は少し珍しい番組の収録をしてきました。北川はとても緊張していました。
その情報はまた今度お知らせします。

そして収録の合間にFacebookのコメントを見ている北川。嬉しそうです。

北川景子オフィシャルFacebook
https://www.facebook.com/kitagawa.keiko.officialpage

Facebookデビューしました

皆様、GWはいかがお過ごしでしょうか。

私は先月末に海外から帰国しました。
この度、デビュー10周年を記念して写真集を出版させていただくこととなり、
フランスのパリで撮影をしてきました。
この写真集は私にとって初のオリジナル写真集です。

ファンの皆様に楽しんで頂ける写真集にすることを目標に
ヘアメイクやスタイリング、カメラのことなど沢山勉強をし
私自身も打ち合わせから沢山意見をだして
ロケ地や写真の雰囲気、全体の方向性など決めていきました。

現地ではカメラマンさんやヘアメイクさん、スタイリストさんのお力で
とてもいい写真が撮れたと思います。
表現に於いてはモデル時代の経験がとても役に立ちました。
つくづく人生に無駄な経験など一つもないのだなぁと感じました。

そして、実は写真集の発売日の8月22日近辺でイベントなども考えています。
普段なかなか直接お会いすることの出来ないファンの皆様と交流を持ち、
感謝の気持ちをお伝えできたらと思います。
サイン会なのか、トークイベントなのか…どんなイベントが良いのか
毎日会社のスタッフとアイディアを出し合っています。

ところで、皆様はどんなイベントをご希望でしょうか。
先日、かなり時代に乗り遅れつつも公式Facebookを開設しましたので
そちらでご意見・ご要望などお聞かせいただけたら幸いです。
最近は毎日何度もFacebookを開いては皆様のコメントを読ませていただいたり、
どさくさに紛れてコメント返信したり、Facebookを大いに楽しんでいます。

「こんなイベント希望!」「こんなことを質問してみたい!」などなど
ご希望ありましたらどうぞこちらまで。
https://www.facebook.com/kitagawa.keiko.officialpage
「北川景子 Kekio Kitagawa official」です。
Facebookアカウントをお持ちの方はぜひ覗いてみてください。

写真集の撮影を終え帰国してからすぐ、私は大阪の女学院時代の
一番の親友、亜美ちゃんの結婚式に参加するため、大阪まで行ってきました。
ウエディングドレス姿の亜美ちゃんは本当に信じられないくらい女性らしく美しく、
幸せに包まれて輝いていました。
旦那様も、旦那様のご親族も皆心優しい温かい方でとても嬉しくなりました。

私は女学院の同級生たちと同じテーブル席でしたが、私もほかの友人も皆
亜美ちゃんの花嫁姿に感動、感涙でした。
友人が作ってくれた亜美ちゃんとの思い出VTRに写った、中・高時代の体育祭や教室での写真、
担任の先生からのコメントに笑ったり、泣いたり、鬱陶しいくらい熱いテーブルだったと思います。(笑)
それもそのはず、私は皆と一緒に卒業はできなかったけど、中高一貫の学校だったので
他の皆は亜美ちゃんと6年、私はデビューして上京するまでの5年を亜美ちゃんと過ごしたのですから…
やはり感動が大きかったです。
苦労も共にした仲間が幸せを手にするのは本当に嬉しいことです。
心から、女学院に通えた5年という時間と、そこでのかけがえのない出会いに感謝した一日でした。

こちら亜美ちゃん。
花嫁姿の亜美ちゃんと貴重な2shot!本当に嬉しい。末永くお幸せに…

こちらは久々に集合、大好きな理数科の仲良しメンバー。
亜美ちゃんと私が居た理数科は1クラスしかなくて、ずっとクラス替えがなかったので
本当に彼女たちとは毎日一緒でした。思い出だらけです。
しかし皆10ウン年前と全く変わらない。
話し方や性格、雰囲気、彼女たちの大好きなところが全然変わっていなくて嬉しかったです。
皆それぞれが置かれた場所で奮闘し輝いています。
キャリアウーマンだらけの私たち。次は誰の結婚式かなぁ?

後日談ですが…
親友の一生に一度の晴れ姿、と気合いを入れて、常に誰よりも前に出て写真を撮りまくっていたら
「北川さん、誰よりも真剣だったね」と両家のご親族に驚かれていたそうです。
ついついカメラマンの血が騒ぎすぎました。
cybershotが今回も良い仕事をしてくれましたので。
新しくなったcybershotは、カメラ自体がWi-Fiを飛ばせて、
撮った写真をすぐにスマートフォンに転送できるんです。
初めてこの機能を使って目から鱗でした。
PCを介さずデジカメの写真をスマホに送れるなんて…

枚数が多くても一瞬で転送されてスマホに保存されるので
その場でデジカメの写真を友人たちにメールで一斉送信できますし、
結婚式などにはcybershotがかなりオススメです。
ちなみに逆光やキャンドルを灯すシチュエーションなどでもしっかり綺麗に撮影できました!
ぜひ皆様もお試しくださいね。

そんなこんなで4月は慌ただしく過ぎ去りましたが、
今月はもうすぐ新しい作品にインします。
花粉の勢力も衰えてきましたし、より一層、お仕事に邁進したいと思います。